2016-12-29_081952

冒頭でも軽く触れましたが、漫画はイラストで描かれた二次元作品なため、どんな内容でも簡単に表現することができます。
少年漫画によくある戦闘モノでも、ビームを出したり、分身したり、空を自由に飛んだり、というシーンがよく出てきますよね。
スポーツ漫画にしても、有名な消える魔球などをはじめとして、ありえないプレイがたくさん登場しますよね。
現実世界で実現不可能な内容だからこそ、漫画を読むことで新鮮な刺激や興奮を得ることができるのです。
戦闘モノの漫画で、もし戦い方が金属バットやナイフを振り回しているだけだったり、素手での殴り合いしかしていなければ、ただの喧嘩シーンにしか見えず、そこまでの興奮はないはずです。
このように、ありえないシーンを楽しむ、というのも漫画の醍醐味でしょう。

エロ漫画においてもそれは同じです。
アダルト動画をよく利用している人なら薄々感じているかもしれませんが、突き詰めればどのアダルト動画でもプレイ内容はほとんど同じですよね。
男女がふつうにエッチをする、アブノーマルな作品なら拘束した状態で陵辱する、ローターや電マなどのアイテムを使って相手を責めるなど、細かい違いはあれどやっていることは似通っています。
しかし、エロ漫画の場合、同じ女性を責める作品であってもその責め方は無限大にあるのです。
拘束してのプレイにしても、ふつうの縄を使って拘束するのか、触手に拘束されているのかによってエロさはまったく違います。
触手に拘束されているにしても、女の子が抵抗しながら責めに耐えているのか、媚薬によって積極的に自分から触手を求めているのかによってエロさはまったく違います。
ただ、責められているシーンを描いているだけの場合と、断面図を用いて挿入している中の様子まで見せているかによっても興奮度合いは変わってくるでしょう。
触手はエロ漫画を代表する内容となっていますが、その他にも二次元作品だからこそのプレイ内容やジャンルはたくさんあります。
加えてすばらしいのは、イラストで描くことによってグロテスクさが一切ないことです。
触手に責められるなんて、ふつうで考えればグロテスクさが勝ってもおかしくありません。
しかし、そこをうまく作家さんが描いて表現することで、むしろこれ以上ないエロさを引き出しているのです。

また、漫画に登場するキャラクターの大半は男性キャラクターをかっこよく、女性キャラクターを可愛く描いています。
もちろんたまにはそうでもないキャラクターも登場しますが、メインキャラクターとなる人物はほとんど良く描かれています。
エロ漫画でも同じで、登場するキャラクターはイケメンor美女ばかりですので、ハズレと感じることなくどの作品でも興奮できますよ。
女の子をアヘ顔にさせたり、恍惚な表情にさせることでもそのエロさはだいぶ変わってくるでしょう。

エロ漫画を楽しむ場合は、オーソドックスなストーリーやプレイ内容の作品もいいですが、こうした二次元作品だからこその内容が含まれている作品もぜひ利用してみてください。